メニュー

マイクロバスは需要が高い

バス

福祉車両として人気

バスといえば、観光バスや路線バスなど大型のタイプを思い出すでしょう。もちろん大型免許などが必要になり、保管場所などからなかなか個人で所有することはないかもしれません。バスにはその他にもいくつかのタイプがあり、中型や小型、そしてマイクロバスがあります。マイクロバスは中型免許があれば運転が可能で、定員数が少ないタイプであれば中型8トン限定の普通免許でも運転できるときもあります。個人や小さな団体で保有するときもあるでしょう。中古バスを売却したいとき、それくらい市場があるのか知っておくと良いでしょう。中古バス、特にマイクロバスの市場は需要が高くなっているといわれます。それは福祉目的の利用が増えているからです。高齢者施設への送迎を行っている施設では、福祉車両が必要です。マイクロバスなら多くの人が載せられますし、改造すれば車いすで乗る人も増やせます。事情があって利用する機会が少なくなった中古バスがあるなら売却すると良いかもしれません。需要に関しては小型になるほど多いようです。マイクロバスタイプの中古バスは用途が広い上、新車を購入するよりも安くなります。中古での購入を希望する人が多いので、高く買い取ってもらえる可能性があります。バスを専門的に扱っている業者はあまりなくて、大手の業者はトラックなどの大型車を多く扱っているところがおおいです。古くなったバスでも、動くのであれば海外などに売却されることもあるので、査定してもらえるかもしれません。

Copyright© 2018 トラック買取り先の見極め術【相場は流通量や時期によっても変動】 All Rights Reserved.